本文へスキップ

有限会社 久保木ゴム印商会は、印鑑・ゴム印を専門とする製造販売店です。

電話でのお問い合わせはTEL.082-232-3747

〒733-0035 広島県広島市西区南観音三丁目2番25号



ハンコの色々なお話ハンコの色々なお話


ハンコ=印鑑ではない?

一般的にハンコのことを印鑑と呼びますが、厳密に言えば間違いなのです。
印鑑とは「印の鑑(かがみ)」ということ。つまり紙にハンコを捺した後の印影のことをいいます。
しかも登録印として自治体や銀行などに、あらかじめ提出しておく特定の印影を指して印鑑といい、
それ以外は印影と呼ぶのです。
正しくはハンコそのもののことは印章といいますが、現在では印章よりも印鑑のほうが
より浸透しているように感じますので、当サイトでも印鑑という言葉を使っています。


実印登録できる大きさは?

まず実印とは、住民登録のある各市町村役場に登録した印鑑のことで、
契約時に使用者の意思を証明する役割を果たします。
ですから、いくら立派なハンコを持っていても登録されていないものは、ただのハンコです。
実印登録できる大きさの規定は各地で微妙に違ってますが、
12mm丸以上の大きさのハンコであれば、各地の規定をクリアするようです。
ハンコの大きさによる役割区分があるわけではありませんが、便宜上として
認印を10.5mm丸、銀行印を12mm丸、女性用実印を13.5mm丸、男性用実印を15mm丸
と、当サイトでは区分しています。尚、紙幣の表面に15mm丸の印影(総裁之印)が印刷してあり、
裏面に13.5mm丸の印影(発券局長)が印刷してありますので、参考にするとよいでしょう。


ハンコの保管について

ハンコは、きちんと手入れして適切に保管すると長持ちします。
最高級の象牙の印鑑を買っても、保管の状態が悪いとひび割れてしまうことがあります。
まず、ハンコを使った後は印面をよく拭き取ります。天然素材の印鑑は虫に食われることもあるので、
必ず印鑑用のケースに入れて、なるべく温度変化や湿度変化の少ないところで保管してください。
キンチャクなどの隙間のある入れ物に入れて、タンスの引き出しに入れておくのは駄目ですよ。


shop info店舗情報

有限会社 久保木ゴム印商会

〒733-0035
広島市西区南観音三丁目2番25号
TEL.082-232-3747
FAX.082-292-0437